月別アーカイブ: 2017年2月

自分の魅力を高める3つのポイント

他人から選ばれる、魅力のある人たちへのイメージとして、
あなたはどんなものを持っていますか?

  
・毎日笑顔で、強いエネルギーを放ちながら
他人に良い影響を与えている、
まるで太陽のような人。

・穏やかで静かな印象ながらも
内に秘めている情熱が見える、
太い幹のようにどっしりとした芯を感じさせる人。
 
 
そのような人たちは
生まれながらに特別な人ばかりというわけではありません。
 
自分を常に磨き続け、
成功も失敗も繰り返し味わいながら
思考を深めていっているわけです。

 
 
 
たとえ今の自分に自信を持てない状態だったとしても
上記のような、影響力のある人物になることができます。
 
そのために、以下の3点を
次の順番通りに高めていきましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①自己受容
②自己信頼
③自己尊重
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
【①自己受容】
自己受容とは、あるがままの自分の全てを
受け入れる
ということです。
 
例えば「継続できない自分」が許せないとします。

この時の「受け入れている状態」とは
「継続できない自分」でいいと思うわけではなく、
「継続できない性質」を持っている自分もあるなと
ただ認めている状態
です。

それは「いい」「悪い」という判断を下すのではなく、
ただ「その状態にいる」ことを認めた上で、
自分をフラットに見ている状態です。
 
 
【②自己信頼】
自分で自分を高く評価して、
叶えたいことや成し得たいこと、なりたい自分になることが
「自分でできる!」と、思う気持ち
です。

これから先に無限の可能性や能力があると
自分を信じる力
のことです。
 
 
【③自己尊重】
これは、自分で自分を守り尊ぶということです。
 
例えば、
・自分の価値観に合わないことをするのをやめたり、
・相手の要求に対し、自分を守り大切にするために
あえてNoを言ったりする行動です。
 
自分のための行動なので、
相手の期待に応えられない自分に対し
自己嫌悪に陥ったり、自信をなくしたりすることは
この段階の人はしません。
 
ですので、他人から見れば変人として扱われることが
あるかもしれませんが、
この段階の人は「それでいい」と思っています。
 
 
 
【〜自分の「好きなこと」が分からなかったり、上記3つの高め方に悩む方へ〜】

私自身も非常に悩みました。
特に自己受容、自己信頼、自己尊重を高めることには
時間がかかりました。
 
今回の記事では、
具体的にどうすれば
「好きなことが見つかるか?」
「自分を大切に扱えるか?」
などの方法については書いていません。
 
方法は人それぞれ合うものがあって、
「どれが自分に合っているのだろう?」と
色々試しながらやっていってほしいと思います。

これからの記事で具体的な方法について書いていきますので、
楽しみにしていてください!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ更新があなたの「LINE」に自動通知される、
読むのに便利なLINE@ページは下記のロゴをクリック!
友だち追加
もしくはLINE ID検索で!
LINE ID:@mgg8487i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 〜☆「本来の個性を輝かせるための」体験セッションはこちら!☆〜

商品をお客様に届ける3ステップ

「魅力的な、ワクワクする商品を作成した。
さあ、今から販売するぞ!」

となった時、まず何からしていけば良いでしょうか?

ビジネスのステップを簡単にすると、
「 商品作成 → 集客 → セールス → フォロー 」となります。

つまり、次は「集客」です。

しかし、ここで行動が止まってしまう人は少なくありません。
具体的にどう行動すればいいか分からない、という
ケースがほとんどです。

こんなことに心当たりがありませんか?

「何をすればいいか分からないから周りの人やお店がやっている方法を
とりあえず調べてやってみました」

例えば、
「Facebookやブログで毎日3記事書く」
「メルマガやLINE@を始めてみる」
「HPや告知文をプロに頼んで質を上げる」など。
 
ビジネスの基本は「リサーチ」です。
市場のニーズやウォンツを探るためです。
 
だから「調べる」行為はとても大切で、
それを行ったことは素晴らしいです。

しかし、それらを行った結果、
効果が出ないということはよくあります。
というよりほとんどです。
 
「なぜその方法が上手くいくのか?」が分かっていない
ことが大きな原因です。

そして、「集客は難しい…」という結論に達してしまいます。
 
 
 
しかし、本当にそうでしょうか?
 
 
 
失敗している人のほとんどが
「集客」と「セールス」の違いが分かっていないことが原因です。
 
これは、「集客とは何か?」「セールスとは何か?」という
問いの答えを知ることで解決していきます。
 
その答えを知ることで、
何をすれば、今の現状が解決するかが見えてくるからです。
  
集客とセールスの違い。
それは、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
集 客 =アクセスを集める。
セールス=信頼関係を構築し、販売する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【集客】
「アクセスを集める」とは、
つまり、新規の見込み客とあなたとの接点を多くするということです。

例えば自身の運営するブログやメルマガを見るのは
元々あなたに興味を持っていた人です。

その人たちではなく、完全に新規の方たちにアプローチしていく活動
集客になります。
 
 
【セールス】
全く同じ商品、全く同じ説明のセールストークを聞いた場合、
「全く知らない方よりも、元々信頼している方から買いたい」
思うのは、誰しもそうだと思います。
 
信頼関係を構築するために、あなたが「どんな人なのか?」
積極的に打ち出していきましょう。
 
そして、あなたから商品を買いたいと思ってもらうために
「あなたが提供するものは素晴らしいものだ」と見込み客に
認識してもらうこと
が必要です。
 
「 人柄 × 見込み客にとって価値ある情報 」
信頼関係を獲得し、
セールストークの難易度をできるだけ下げると
売れやすくなっていきます。
 
 

つまり、【商品をお客様に届ける3ステップ】とは
Step1. 新規の見込み客を増やし続け、
Step2. 彼らにとって「価値ある情報を提供するあなた」を印象付け、
Step3. 販売する。

です。
 
商品はお客様の役に立って始めて価値があるものになります。
作り手として、送り届けることを意識しましょう。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ更新があなたの「LINE」に自動通知される、
読むのに便利なLINE@ページは下記のロゴをクリック!
友だち追加
もしくはLINE ID検索で!
LINE ID:@mgg8487i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 〜☆「本来の個性を輝かせるための」体験セッションはこちら!☆〜

自分をレアカード化する話

「好きを仕事にする」
 
それで生きていくためには、
次の3つの掛け算の総合点を高めていく必要があると
僕は思っています。
  
  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
好きなこと × 得意なこと × 社会的な”ウォンツ”のあること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
  
  
【①好きなこと】
ビジネスで最も必要な能力の1つは
間違いなく「継続する力」です。
 
そのためには、仕事にしたいことへの
「情熱」が必要不可欠です。
   
たとえ無給・無休であってもやりたいこと。
そのレベルのものを仕事にすることが必要です。
 
 
 
【②得意なこと】
例えば、教えるのが好きだから
〇〇コンサルタントとして独立したい。
  
その場合、考える必要があるのは、
「どれだけの価値を相手に与えることができるのか?」
ということ。
  
お客様がお金を出すのは
「提供者or商品に価値を感じているから」です。
  
価値を感じてもらうためには、
それだけ高い価値のものを提供する必要があります。
特に競合他社が多い業界であればあるほど
高い価値を提供する必要があります。
  
相手にとって価値あるものを与えられる
自身の「得意なもの」で勝負しましょう。
   
もし「好きなこと」と「得意なこと」が違う場合は
「得意なこと」を好きになりましょう。

  
  
  
【③社会的な”ウォンツ”のあること】
どんなに良い能力があっても、
それがそもそも他人から「欲しい!!」と
言ってもらえるジャンルでないと
収益化するのは厳しいです。
  
そして、ここではよく言われる
”ニーズ”ではなく”ウォンツ”と書きました。

”ウォンツ”とは「見込み客の潜在的なニーズ」のことです。

例えば、「服が欲しい」となった場合。
その人が本当に欲しいのは、服ではありません。

おしゃれをしている自分を見た”満足感”
他人から褒められる”承認”を求めているのかもしれません。

言葉で表されない、このような深い望みが”ウォンツ”です。
  
   
  
これら3つの要素の掛け算で、
世の中に価値を提供することができます。

それがお金に変わり、
「好き」が仕事になる。
 
まずは「好きなこと」「得意なこと」を見つけることから
始めてみましょう。
  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ更新があなたの「LINE」に自動通知される、
読むのに便利なLINE@ページは下記のロゴをクリック!
友だち追加
もしくはLINE ID検索で!
LINE ID:@mgg8487i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
  
  〜☆「本来の個性を輝かせるための」体験セッションはこちら!☆〜

”お金=〇〇”

最近、暇さえあれば「お金」について考えています。

「好きを仕事にする」
「好きなことをして生きる」

これを考える上で、必ず向き合う必要があります。

当たり前のことですが、
私たちはただ日本に存在するだけでも
結構なお金がかかりますよね。

住民税や家賃、食費など、
人らしい生活を過ごすための必要最低限で考えてみても、
月に10万ほどが必要になるのではないでしょうか。

生きるためにお金は必要です。

その生きるためのお金、そしてより幸せを感じるために使うお金を、
「好きなことだけで賄うことが可能になったら面白いだろうな」
「誰もが実現させるために共通して必要なことってなんだろう?」

僕なりに考えてみたんです。
 
 
 
その結果出てきた今の答え。

「お金=信用を数値化したもの」

クレジットカードや仮想通貨といった形のないもので
当たり前のように物が買える時代です。

クレジットカードは、
使用者が後払いで必ず払うという「信用」の元、
効力を発揮します。

仮想通貨などは、その通貨に価値があるという「信用」が
あるのでお金として使用することができます。

実はこれは大昔から変わらないんですね。

大昔の通貨がない時代は物々交換でした。
同等の価値があるから交換が成り立っていました。

通貨が出てきたのは、
交換する物のニーズが、お互い必ずマッチする訳もないので、
より多様なものを得られるようにするためでした。

ずっと昔から、同等の価値を示すものであるという
「信用」の概念でお金は動いていたんですね。

そう考えていくと、
僕たちがお金を得るためには、「信用」を得ること
考えていくのが良さそうな気がしませんか?
 
 
 
では、その「信用」を生み出すのは何か?

それは「価値提供」です。

世間では、価値をより多く提供できる人に魅力を感じ、
その人のための行動を起こすこともあります。
クラウドファンディングもその1つ。

価値提供レベルが高いことで、信用を多く得られ、
イコールお金を得ることができます。

だから、「お金を得る方法」が何かというと
「自分が持つ価値を使って、相手が欲しい価値を提供すること」
なります。

もし今あなたが「会社員」という、「時間」を対価にお金を得る以外を
したいとお考えになっているのであれば、
より大きな価値を与えられる自分になるために
「自分をレアカード化すること」に注力することを
オススメします。

今あるお金を大事に節約するのではなく(もちろん浪費はダメです)、
今あるお金を使って「自分を磨く」のです。

今のお金を大事にして「レアカード化」することをサボることが
結局は1番の損になってしまうでしょう。

「好きを仕事にする」というのはその点オススメです。
情熱を捧げることができるものであれば、
それを磨きあげることへの気持ちのブレはきっと小さいものになるのではないでしょうか。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ更新があなたの「LINE」に自動通知される、
読むのに便利なLINE@ページは下記のロゴをクリック!
友だち追加
もしくはLINE ID検索で!
LINE ID:@mgg8487i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 〜☆体験セッションはこちら!☆〜

「なんで分かってくれないの?」と思った時に読んでほしい話

本業が塾講師だった頃、
休みの日は家の近くの大型書店によく行っていました。
お目当は参考書コーナーです。
 
授業で使える、有名予備校の先生方の解き方を
仕入れるためでした。
 
そして、そこで得た解き方と研修で得たことを元に授業を行っていました。
(慣れない1年目の時は、授業がかなりゴチャゴチャしていたことでしょう…笑)
 
 
 
受験勉強に関して、
知識面では書店に行って参考書を見れば「全て」解決します。
 
それでも参考書を買った生徒たちの中で、
独学で成績を上げられるのはごくわずかです。
勉強時間を毎日取って、演習量が多い生徒でもそのような状況に陥りがちです。
 
塾で授業を受けるにしても、同じ授業を聴いて受けた試験の成績は
人によって全く違います。
 
「その違いは何から生まれるんだろう?」
 
ずっと考えていました。
 
その答えは様々あると思いますが、
私が考え出した原因は、
「答えと自分との違いは何かを捉えているかどうか」です。 
その上で、解決に向けて行動しているかどうかが大事かなと。
 
「ここが違うんだ」という正しい「思い込み」を持つことで、
自分が望む結果との差を理解することができます。
あとはその差を埋める手段を使って行動すれば解決するでしょう。
 
 
 
では、知識がある状態の生徒たちが
違いを捉えられるようになるためにどんなサポートができるのか?
 
今の私が特に意識しているのは、
「思い込みを変える」ために”訊いて聴く”ことです。
 
人はそれぞれ育ってきた環境や自身の価値観から生まれる
独自の「思い込み」の中で生きています。
 
他人の「思い込み」がどうなっているか、
ただ眺めていても見つけ出すことはできません。
 
だから質問して、その答えをフラットな心で聴くようにしています。
 
「〜と〜って、ここが違うでしょ」と教えるのではなく、
「〜と〜って、どこが違うと思う?」と質問するということです。
 
自分で気づくことで、パラダイムシフト、
つまり思い込みの変化が起きます。
 
初めは、その質問に彼らはとても戸惑って悩んでくれました。
「意味わからんし…」と言われたこともしばしば(笑)
 
しかし、さすがは子ども。
慣れるのは早く、気づけたことへの楽しさを
感じてくれるようになります。
話す言葉も「先生、これやろ!」と自然とトーンが上がります。
 
 
 
これは大人でも同じではないでしょうか?
 
もし相手にわかってもらえないなどの想いがある方がいらっしゃれば、
「相手がどう思っているか、どう捉えているか」を訊く質問をしてみましょう!
 
ポイントは「相手の思い込みに興味・関心を寄せる気持ちを持って訊く」ことです。
 
「相手目線」というのが、やっぱり1番大切ですね。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ更新があなたの「LINE」に自動通知される、
読むのに便利なLINE@ページは下記のロゴをクリック!
友だち追加
もしくはLINE ID検索で!
LINE ID:@mgg8487i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 〜☆体験セッションはこちら!☆〜