目的志向のすすめ

私が教える仕事をするきっかけになったのは、高校生2年生での出来事です。

元々、私は劣等感の塊のような存在でした。
今ではそんなことはありませんが、
昔は外見、内面両面のコンプレックスがとても強く、未来への希望といえるものは何も持っていませんでした。
当然のように勉強にも身が入らず、勉強に関してもコンプレックスを持っていました。

しかし、高校2年生のとき。

得意科目であった古典を教えて欲しいという友だちの依頼で、1対2の形式で放課後を使って教えました。

そして、感謝の言葉と笑顔。
あの時の光景はずっと心の中に残っています。

大学に入ってからは私の興味は教育に向き続け、今に至ります。
かなりの額の自己投資もしてきました。
それをしたのは全て、「教えて感謝された」という私の原点であり、大きく見れば目的でもあるものがあるからです。

目的があれば、「行動」が変わります。

行動を変えることで、「運命」が変わります。

だからこそ、まずは自分の「心の在り方」から変えていきましょう
そうすることで、現実に表れる出来事が変わってきます。

どんな自分になりたいですか?

そしてそのような自分になるためには、どんなことをしていけば良いと思いますか?

まずは自分から。その良い状態のあなたを見て、周りの人々は影響されます。

今のスキルは関係ありません。
未来の「なりたい自分」を演じ、その足りないところは補っていく。

そうすることで、近い未来「なりたい自分」なることができます。
 
 
 
 〜☆体験セッションはこちら!☆〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です